笑うことが好き

一卵性双生児の漫才師吉田たちをはじめ、主に関西の芸人さんを応援しています。

吉田たちを好きになった理由

 

さて、前回私がお笑いを好きになった理由を書きましたが、(お笑いを好きになった理由 - 笑うことが好き)今回は吉田たちさんを好きになった理由を書きたいと思います。

 

ミキを好きになったのが2月とか3月だったので、タイミングよく関西では漫才の番組が何個かやっていました。そこにいろんな漫才師の方々が出ていたのですが、その中の一組が吉田たちでした。

 

吉田たちはよしもとのプロフィールか何かで宣材写真しか見たことがなかったのですが、ほんとに申し訳ない、写真をぱっと見た感想は、「おもんなさそ〜〜」でした。申し訳ない。ほんとに私の勝手な思い込みです。双子でおんなじ顔してるのはおもしろかったのですが、それより見た目おもんなさそうが勝ってしまってました。

 

そんな第一印象を持ったまま、初めてテレビで漫才を見ました。あだ名のネタだったのですが、感想は「めっちゃおもろいな」でした。え、めっちゃおもしろいな、、こんなコンビいたのか。とにかく漫才がお上手だなと思いました。貫禄すごいな、みたいな。この人たちほんとに若手なのかと。テンポがすごくよくて見ていて気持ちいいくらいの漫才でした。

 

そしてそのあと「マルセイユターンvol.2」に行きました。もちろんそのときはミキ目当てで行ったのですが、吉田たちも出るということでとても楽しみにしていました。

 

前記事でも書きましたが、ほんとにどのコンビもおもしろくて腹抱えて笑いました。その中でも1番笑ったのが吉田たちでした。阪神のネタだったんですけど、「企業理念がいい!」のくだりでだいぶツボにはまりました。

 

ミキ目当てで行って、やっとミキの漫才を見れてすごく嬉しかったんですが、吉田たちにはまって帰ってきました。もちろんミキも面白かったです!というか全組面白かったです。でもすごく吉田たちの漫才に惹かれてしまいまして、それから吉田たちの動画を漁る日々になりました。

 

ありがたいことに吉田たちはYouTubeチャンネルを持っていて、それを毎日毎日見ました。ほんとに面白いんですよね〜さっきから面白いしか言ってないですが。

 

たまに漫才じゃない動画もあります。双子のドッキリだったり2人が勝負してたり。これで漫才していない吉田たちも見れて、いわゆるの素の2人が見れるんですが、これもとても良いです。最初は仲良いのか悪いのか、いや悪いんじゃないかと思ってたんですが(見た目が怖いので)、案外そうでもないという。それもまた惹かれました。仲良いやん、、ていう場面が多くあります。

 

そんなこんなで現在は吉田たち目当てで漫劇に通うようになりました。広島で一人暮らしをしているので、実家に帰ったときには必ずといっていいほど漫劇に行っています。関西ではチラチラとテレビでも吉田たちを見れるので、早く関西に戻ってきたいと思う日々です。